転職支援

辰野町に本社移転。東京の(株)FOOD ARCHITECT LAB

写真は同社サイトより転載(シーフード魚介料理・海鮮料理 牡蠣入レ時品川)

9月23日信濃毎日新聞によると、東京の株式会社FOOD ARCHITECT LAB(フード・アーキテクト・ラボ)が本年度中に長野県辰野町へ本社を移す。

同社は飲食店経営・食品製造をてがけており東京都内を中心に30店舗を超える店舗を運営。長野県内では既に「松本牡蠣入レ時」(松本市中央1-14-20)を出店している。

移転は、同社の横井貴広会長と、辰野町や町内の農家でつくる「食の革命プロジェクト運営協議会」の馬渕泰太郎会長(辰野町平出在住)との長年の親交がきっかけで実現した。
生命の育みと自然の恵みを大切にしながら新たな飲食のライフスタイルを提案している同社は、地元の農産物を使った商品を開発、レストラン事業だけでなく中食事業にも力を入れている。

(株)FOOD ARCHITECT LABのウェブサイトはこちら ⇒FOOD ARCHTECT LAB (food-architect-lab.com)

(引用・参考:信濃毎日新聞2021/9/23記事より)

関連情報